学外の方 | 利用方法[学外]

  学外の方 | 利用方法[学外]

ご利用について

地域社会の多様なニーズに応えるため、一般の方(学外)への図書の貸出を行っております。
ただし、設置目的により、本学学生・教職員の利用を最優先とさせていただきますので、一部のサービスが受けられない場合があります。ご了承ください。

利用資格

2016年4月1日より18歳未満の方のご利用も可能となりました。

利用者カード交付・貸与申請書
区 分 入館に必要なもの
県 内
(*1)
小学生以下(*2) 申込用紙に保護者の署名が必要
署名者の身分が証明できるもの(*3)
中学生・高校生 学校の学生証(生徒手帳)又は身分が証明できるもの
大学関係者(*4) 所属大学の学生証又は身分が証明できるもの
上記以外の方 身分が証明できるもの(*3)
県 外 県外の方 身分が証明できるもの(*3)

【注意事項】

  • 1:県内居住者等とは、岡山県内に居住又は通勤・通学をされている人
  • 2:小学生以下の方がご利用の場合は、保護者の同伴が必要
  • 3:運転免許証・保険証等の身分が証明できるもの
  • 4:岡山県大学図書館協議会加盟校の方

利用方法

初めて館内を利用される方(利用者カードをお持ちでない方)

  1. 「利用者カード交付申請書 に記入
  2. 1 と身分証明書(運転免許証・保険証・学生証など)をカウンターに持参
  3. 利用者カードを交付

当日のご利用のみをご希望の方には「入館許可」のカードをお渡しします。

利用者カードの交付を受けられている方

  1. カウンターで「利用者カード」を提示した後、「図書館利用申込書」に記入

利用者カードについて

カードの有効期限
発行日より1年。1年後に身分証明書等で確認をさせていただき、更新となります。

カードの紛失・再発行について
紛失をした場合はカウンターにお申し出ください。再発行いたします。

「利用者カード」をお持ちでない場合は、図書の貸出ができません。

利用サービスの範囲

本学附属図書館資料の閲覧と貸出、および、学外者用検索パソコンの利用に限定します。
閲覧は館内のオープンスペースでお願いします。

区 分

利用範囲
岡山県内に居住又は通勤・通学の方 閲覧及び図書の貸出
上記以外の方 (県外の方) 閲覧のみ

図書館間相互協力(ILL)について

所属機関の図書館(室)又はお近くの公共図書館を通じてお申し込みください。

お申し込みについて(NACSIS-ILL非参加館(室)ご担当者様向け)

  • 申込方法:FAX
  • 様式:任意

お申し込み・お問い合わせ先

岡山県立大学附属図書館
〒719-1197 岡山県総社市窪木111
TEL 0866-94-2008 / FAX 0866-94-2198

レファレンス

図書館を利用するに当たり適切な援助をしたり、質問、相談に応えたりすることをレファレンス・サービスといいます。当館では次のようなレファレンス・サービスを行っています。

  • 図書館の利用案内
  • 文献の所蔵調査

その他不明なことがありましたらカウンターまでお気軽にお尋ねください。
なお、夜間、土曜日開館では一部の相談・サービスが受けらない場合がありますのでご了承ください。

館内複写

大学図書館は、著作権のある資料を一定の範囲で複製することが認められています。図書館が採用しているセルフ式コピー機を利用するにあたって、「複写申請書」に同意の上、記入し、カウンターへ提出してから複写を行ってください。

著作権法第31条(図書館における複製)

図書館においては、次にあげる場合には、その営利を目的としない事業として、図書館資料を用いて、著作物を複製することができる。

  1. 図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分(発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個々の著作物にあっては、その部分)の複製を一人につき、一部提供する場合
  2. 図書館資料の保存のため必要がある場合
  3. 他の図書館などの求めに応じ、絶版その他これに準ずる理由により一般に入手することが困難な図書館資料の複製物を提供する場合

利用上の注意

  • 館内では静粛にしてください。
  • 資料は大切に扱い、破損・汚損しないでください。汚損・紛失を生じた場合は、同一のもので弁済をお願いすることがあります。
  • 資料は閲覧後、必ず元の位置に戻してください。
  • 受験勉強など、図書館資料の利用目的以外での入館はお断りします。
  • 館内での携帯電話による通話は禁止します。なお、携帯電話をマナーモードに設定後に入館してください。
  • 館内での飲食、喫煙は禁止します。ただし、エントランスホール内に限り飲み物(ペットボトルなど蓋付きのものであれば)は許可します。
  • 貴重品は自己責任で管理をお願いします。(ロッカー等は設置していません)
  • 返却期限は厳守してください。
  • 持ち込みの資料のコピーはできません。
  • 出口で警報装置がなった場合は係員の指示に従ってください。