利用案内 | 利用方法[学内]

  利用案内 | 利用方法[学内]

ご利用について

本の貸出について

借りたい本と学生証(教職員証)をカウンターにお持ちください。貸出処理を行います。

返却の遅れている本がある場合は貸出できません。

本の最後に返却期限票を貼っています。返却期限日を押印していますので厳守してください。

あなたの返却期限

本の返却について

カウンターに返却してください。

休館日や閉館時は返却ポスト(図書館西側の事務室入口横)に返却してください。
ただし、幅28cm×厚さ10cm以上の本、附録のCD-ROM等を一緒に借りられている本は直接カウンターへお返しください。

他の利用者のためにも返却期限日までに返却してください。期限内に返却されない場合、新たな貸出ができなくなります。

貸出期間の延長について

返却期限までに読み切れなかった図書は、延長して借りることができます。
学生証(教職員証)と延長したい図書をカウンターにお持ちください。また、マイライブラリからも延長することができます。ただし、延長は1回限りです。

延長には、その図書に予約が入っていないこと、返却期限を過ぎていないことが前提となります。
雑誌の延長はできません。

パソコンコーナーの利用について

館内にはインターネット端末を設置しています。学術情報の検索のために利用することが可能となっています。その他の目的(娯楽、メール等)で利用することはできません。希望される方はカウンターでの申し込みが必要となります。

貸出予約について

必要な図書が貸出中の場合は、予約することにより図書が返却され次第、優先的に借りることができます。予約を希望される方は学生証を持ってカウンターまでお越しください。
また、マイライブラリからも予約をすることができます。

レファレンス

図書館を利用するに当たり適切な援助をしたり、質問、相談に応えたりすることをレファレンス・サービスといいます。当館では次のようなレファレンス・サービスを行っています。

  • 図書館の利用案内
  • 文献の所蔵調査
  • オンライン目録の利用法
  • 学外図書館、学術情報機関の利用案内 など

その他不明なことがありましたらカウンターまでお気軽にお尋ねください。
なお、夜間、土曜日開館では一部の相談・サービスが受けらない場合がありますのでご了承ください。

館内複写

大学図書館は、著作権のある資料を一定の範囲で複製することが認められています。図書館が採用しているセルフ式コピー機を利用するにあたって、「文献複写申込書」に同意の上、記入し、カウンターへ提出してから複写を行ってください。

著作権法第31条(図書館における複製)

図書館においては、次にあげる場合には、その営利を目的としない事業として、図書館資料を用いて、著作物を複製することができる。

  1. 図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分(発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個々の著作物にあっては、その部分)の複製を一人につき、一部提供する場合
  2. 図書館資料の保存のため必要がある場合
  3. 他の図書館などの求めに応じ、絶版その他これに準ずる理由により一般に入手することが困難な図書館資料の複製物を提供する場合

利用上の注意

  • 館内では静粛にしてください。
  • 資料は大切に扱い、破損・汚損しないでください。汚損・紛失を生じた場合は、同一のもので弁済をお願いすることがあります。
  • 資料は閲覧後、必ず元の位置に戻してください。
  • 館内での携帯電話による通話は禁止します。なお、携帯電話をマナーモードに設定後に入館してください。
  • 館内での飲食、喫煙は禁止します。ただし、エントランスホール内に限り飲み物(ペットボトルなど蓋付きのものであれば)は許可します。
  • 貴重品は自己責任で管理をお願いします。
  • 返却期限は厳守してください。
  • 持ち込み資料のコピーはできません。
  • 出口で警報装置がなった場合は係員の指示に従ってください。