利用案内 | よくある質問[学内]

  利用案内 | よくある質問[学内]

貸出・返却について

本の借り方を教えてください。

本と学生証(教職員証)をカウンターにお持ちください。

学生証(教職員証)を忘れても本を借りられますか?

貸出には学生証(教職員証)が必要です。

返却が遅れている本がありますが、他の本を借りることはできますか?

遅れている本を返却いただいたら貸出可能です。

雑誌の最新号は借りることができますか?

雑誌は刊行後3ヶ月を経過したもののみ貸出可能です。

製本雑誌とは何ですか?借りることができますか?

製本雑誌とは図書館で購読している雑誌などをタイトルごとにまとめて1冊の本に仕上げたものです。館内のみ利用可能です。

ビデオやDVDは借りることができますか?

館内のみ利用可能です。ご希望の方はリモコン・ヘッドホンをカウンターで受け取って視聴してください。

他の大学にある本を借りることができますか?

借りられます。マイライブラリから図書借用依頼を行ってください。ただし、経費は利用者負担となります。

本の返却方法を教えてください。

カウンターに返却してください。
休館日や閉館時は返却ポスト(図書館西側入口)に返却してください。ただし、幅28cm×厚さ10cm以上の本、附録のCD-ROM等を一緒に借りられている本は直接カウンターへお返しください。

いつが返却期限だったか忘れてしまったのですが…?

本の最後のページに返却期限票が貼ってあります。最後に押してある日付が返却期限となります。

今日が返却期限だけど、もう少し借りたいのですが借りることはできますか?

その本に予約が入っておらず、返却の遅れている本が無ければ、貸出延長(その日から2週間)が可能です。返却期限までにマイライブラリ(学内者限定)から延長手続きを行うか、学生証又は教職員証と延長希望の本をカウンターにお持ちください。
ただし休業期間の長期貸出分の延長はできません。

予約について

蔵書検索結果から本の予約ができません。

蔵書検索結果に示される所蔵情報が「貸出中」の場合、予約ができます。
所在が研究室になっている場合は予約はできません。

情報検索について

蔵書検索(OPAC)とは何ですか?

OPAC(オパック、オーパック、Online Public Access Catalog)とは図書館において公共利用に供されるオンライン蔵書目録のことです。当ホームページの蔵書検索により本学の蔵書をオンラインで探すことができます。
検索方法等、詳しくは「蔵書検索の方法」をご覧ください。

検索をしたのですが、その場所にありません。

大型本の可能性があります。
通常書架に入らない大型本(28cm以上)は別置しています。また、新着図書(別置)の可能性、閲覧中の可能性もあります。 見つからないときはカウンターにお尋ねください。

SFXについて教えてください。

SFXとは電子ジャーナル、データベース、OPACなどリンク先のアクセス情報を集中的に管理し、利用者にとって最適な資料へのナビゲーションを実現するリンクナビゲーションツールです。
詳しくは「SFXについて」をご覧ください。

マイライブラリについて

マイライブラリとは何ですか?

マイライブラリとは、Web上から、ご自身の現在の貸出状況や返却期限、借用履歴、予約・新着図書、文献複写や図書借用の依頼や確認、借用中の図書の延長ができる便利なシステムです。
詳しくは「マイライブラリとは」をご覧ください。

マイライブラリのIDとパスワードが分かりません。

学部事務班の担当者にご確認ください(要:学生証(教職員証))

その他

他大学から取り寄せた文献や借用図書の到着のお知らせはどこで確認できますか?

マイライブラリで確認する、又はマイライブラリにメールアドレスを登録すると、そのアドレスにお知らせが届きます。(電話連絡などは行っていません)

県立図書館で借りた本の受け取りや返却ができますか?

できます。ただし、県立図書館のカードの申込みは各自で行ってください。また、受け取りはインターネット予約の本に限ります。本の受け取りには県立図書館のカードをご持参ください。

読みたい本があるのですが、図書館で買ってもらえますか?

学生希望図書申込書を館内に設置していますので必要事項を記入しカウンターに提出してください。ただし、一人年間10冊までとします。必ず購入できるとは限りません。
詳しくは「本のリクエスト」をご覧ください。

借りていた本を失くしてしまった(または汚してしまった)のですが、どうしたらいいですか?

汚損・紛失の場合は、弁償となります。カウンターで手続きを行ってください。

休学中ですが本を借りることはできますか?

「利用者カード」を作成し、借りることができます。ただし、一般としての登録となるため制限があります。